誰でも学べる通信制高校

通信制高校とは、主に自宅で学習し課題を提出することで評価を受け、試験を受けるなどして単位を得る高校です。学年によらない単位制を採用していることが多く、短い期間で単位を取得することが可能な場合もありますが、卒業するためには3年以上の在籍が必要です。また、自宅学習が中心とはいっても、まったく登校しなくていいというわけではなく、スクーリングという登校授業を受けなければなりません。体育や家庭科などの実技がおこなわれたり、特別活動に参加することが求められます。通信制高校の一番のメリットは、自分のペースで勉強ができることです。すでに仕事をしている人や病気などで通学が困難な人でも、時間をやりくりしたり体調と相談したりしながら勉強を進めることができます。単位制なので留年するという意識を持たずに、一つ一つをクリアしていくという考えで学ぶこともできます。最短でも3年の在籍が必要ですが、最長については学校によって違い、6年や8年というところが多いですが、10年以上在籍できるという学校もあります。もう一つの通信制高校のメリットは、学費の安さです。公立の通信制高校の場合は、3年間でも10万円程度の費用で卒業できるところもあります。私立の場合は、学校の特徴などにより差がありますが、高くても、全日制の公立高校の3年間でかかる費用の平均を下回ります。さらにメリットとしてあげられることに、一般の高校などに適応できなかった生徒などに対応するノウハウを持っていることがあります。個々のケースに応じてカウンセリングをおこなうなど、勉強できる環境を整える相談にのってくれます。

通信制高校の凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP